女性は何歳になっても、キレイなままで居たいです。しかし、年齢を重ねる毎に、初々しさも、笑顔も似合わなくなって来ます。ニコッと笑っているのに、嫌味な顔に見えたり、恥ずかしがっているとわざと策略でやっているかのように、思われます。

それは、若いとき保てていた、透明感と、柔らかい肌と、ハリが無くなってしまっているからでしょう。大人であっても、初々しい感覚も恥ずかしい感覚も、笑顔で笑ったり、そんな気持ちを持っているのに、何故か勘違いされたり、似合わないだろうと言って、抑えたりします。

それは、大人になると大人の責任とか、身分などにより我慢する事が多くなり顔も体も固まってしまっているのが原因なのです。実はいつまでも伸び伸びと楽しく生きたいのですが、大人なるとあらゆる規制が入って、我慢の連続の日々を過ごし輝けなくなるのです。

女性の美しさは内面から輝くのです。その内面が輝くというのは、安定感、充実感、幸福感から生まれるものです。内面が美しければ、笑顔が似合います。そしてキレイに見えます。しかし、内面がキレイだからと言っても肌がガサガサだったり、乾燥気味で堅い肌であったり、肌トラブルがいっぱいであると、せっかく内面が輝いているのに、外側まで響いて美しいっとまでは、発展しないのです。

美容とは、まずは内面からきれいになって。それと同時に、肌に効果が有るエレメントで補ってあげると、我慢している肌へ、マッサージやエステ、美顔などあらゆるお手入れでほぐしてあげて、堅まった肌をのびのびさせてあげると肌もキレイになることでしょう。内面が輝き、そして外面も輝くと素敵な美しいレディになれます。

ストレスが1番の美容の対敵です。美しい容姿になる為には、自分自身に潤いあるご褒美や、ほぐすケアを自ら与えてあげる事が必要となるでしょう。美容を保つにはそうした、行いを続ける事で、心から湧き出る幸福感などに目覚め、何歳になってもキレイな状態になれることだと思います。