女性の社会進出の難しさ

社会進出

 

女性は学校を卒業してからずっと働いていても、結婚や妊娠といったときには会社を辞めざるを得ないといったことも多いです。それは、自らの希望である場合もありますが、半ば強制的に辞めなければならないといった状況にもなってしまうようです。

結婚や出産をしたあとにも働き続けようとすると、「全て担う」という覚悟がいる雰囲気というのも問題かもしれません。そもそも、夫婦で働いているのであれば家事も分担することが公平であるのに、なぜか女の人は働いていても「家事はするものだ」ということが根底にあることが多いといってもいいかもしれません。

男の人が家事をしたら「えらい」というようにほめられることが多いのに、女の人が家事をしたとしても「えらい」と言ってくれる人も少ないともいえます。それだけ「女が家事をするものだ」という意識が、男性だけでなく女性の中でもなんとなく思ってしまっているのかもしれません。

仕事も家事もする女の人はとても立派で素敵ですが、全てを自分が背負わなければならないといった気負いが大きい人も多いのではないでしょうか。家庭というのは、家庭で起こることは分担するべきなのだと思います。家事などもなるべく平等に分担し、それをした上でないとさらなる女性の社会進出は難しいともいえるでしょう。