男と女の考え方は違う

男女

なんでそんなことするの?なんで機嫌悪くなったの?と、長年一緒にいる夫婦や家族でも、お互いの行動に理解ができない場面は多々有ります。

昨今では男女均等に、という動きが活発ですが、そもそも根本的に男女では生物学的に役割が違うので、体のつくりが違うように当然脳のつくりも異なっており、その根本は生活様式が変わった現代でも、女性はより優れた遺伝子を見つけ出すように、男性はより多くの子孫を残すようにできています。

特にコミュニケーションのあり方についての考え方の違いが、よく喧嘩の原因となります。女性は横のつながりに重点を置き、感情の共感を大切にする傾向がありますので、とりとめのない会話をすることで絆を確認したがりますが、男性はその時必要なものを俎上にあげ、個人の主観や感想系統の話題は、言わなくてもわかっているだろうという信頼から特に表には出しません。

こういったことから言い合いに発展した時に、男性は問題点を解決し、二人が納得出来る結論を目指すのに対し、結論がでなくても自分が寂しかった、こんなに腹が立ったということに対して理解を示してほしいと願うので、なかなか解決しないのです。

考え方の女性と男性との違いを理解することで、お互い不毛な争いを避けることができます。