少子化対策で必要なこと

家族

年々、少子化が進んでおり、危惧される状態となっています。少子化は女性が子供を産まないからという意見もありますが、産めないという考え方もあります。

数十年前と違い、女性も大学を卒業する人が増えました。卒業後就職しますが、20代は徐々に仕事になれて、自分の力を試せる時期として、結婚を延ばしてしまう人も多いです。30代に入り、結婚を意識する頃になると、逆に婚期を逃してしまう傾向が強く、晩婚化が進んでいるのです。

社会のシステムと女の人の身体は連動しておらず、晩婚化により妊娠しやすい時期を逃してしまった体は、子供が欲しい時期に産めないという結果となっています。

また、仕事をしている女性は、妊娠すると産休を取得し、出産育児を行います。その後、職場に復帰しますが、出産前と違い、勤務時間の変更をお願いしたり、子供の急変で休みをもらったりと、会社での立場が弱くなりやすいです。そのような状態で、第2子の出産に踏み切るのは、大変な決断となり、一人っ子が多い現状となっています。

少子化を防ぐには、子供を持ちながらでも働きやすい環境を整えたり、出産を期に退職しても、再就職がしやすい理解ある社会を作る事が、とても大切です。