ベビーの肌を守れ!

ツルツルすべすべで思わずほおずりしてしまいたくなる赤ちゃんの肌。実は大人に比べて乾燥しやすく、バリア機能も弱いことをご存じでしたか?また、肌のトラブルは何度も同じところで繰り返されがち。この時期にしっかりケアすることで、生涯にわたるきれいな肌作りの基礎ができるのです。

では、赤ちゃんの肌にとって必要なものとは何でしょうか。大きく分けて2つあります。1つは、清潔を保つこと。そしてもう1つは保湿です。

まずは洗浄です。皮膚についた汚れは刺激になりがちなので、付着したらできるだけ速やかに取り除きます。しかし、洗う際、力任せに擦ったりしては肌荒れの原因になりかねません。入浴時は、しっかり泡立てたボディソープやシャンプーでやさしく洗うこと。全身用のボディソープもありますが、頭皮とそれ以外の皮膚では皮脂の分泌量も異なります。できれば専用のものを用意したいところです。泡立てるのが苦手という場合は、泡で出てくるポンプタイプのものが便利です。

なお、洗剤で洗うのは1日1回にすること。洗いすぎは皮膚の保護機能まで奪ってしまいます。
洗い流すときには、洗剤残りが無いようにシャワーを使います。弱めの勢いで、温度も38~40℃と少しぬるめが良いでしょう。

入浴以外にも、汗をかいたら着替えて軽くシャワーをする、食べこほしやよだれがついたら拭き取る、といったことも大切です。拭き取りには、ティッシュやガーゼより、ウェットタイプの拭き取りシートの方が肌にはやさしいでしょう。

次に、保湿は基本的に洗浄とセットで行います。保湿剤は乳液タイプ、クリームタイプ、ローションタイプと様々なテクスチャのものがあります。お好みで選んでも良いですし、夏場にはさっぱりとしたローションタイプ、乾燥しがちな冬場はクリームタイプ、というように使い分けても。いずれにせよ、ごしごしと肌を擦るような使い方はしないこと。クリームタイプで少し固めのものは、掌に取って体温で少し緩めてから塗布します。

少量を無理矢理伸ばそうとすると、皮膚に力をかけてしまいがちです。適当な使用量を守って使うのがよいでしょう。開封後は酸化しないうちに使いきりましょう。ただし、皮膚に発疹、赤みなどがあるときは使わないようにしましょう。

デリケートな肌だからこそ、大切にしてあげたいですね。基本ケアを実践して、美肌を保ってあげましょう。