ピルの分類

ピルの分類

ピルとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンを含んだ錠剤で、エストロゲンの配合量により「高用量ピル」・「中用量ピル」・「低用量ピル」の3つに大きく分類されます。

このエストロゲンの配合量により副作用リスクが高まりますので、現代では、避妊目的で服用されるピルはエストロゲンの配合量が50μg未満に抑えられた副作用リスクの低い「低用量ピル」が一般的に使用されます。
そのため、「ピル」というと、「低用量ピル」のことを指すことが主流となっています。

ただし、ピルを平常時から服用していない場合で、緊急に避妊が必要となった場合は、アフターピルといって、エストロゲンの配合量の多い中用量ピルが使用されます。ただしその分、副作用リスクは高まります。

また、最近は、低用量ピルよりもさらにエストロゲンの配合量が少ない「超低用量ピル」というのも発売されております。ただしこれは、ニキビ治療など美容を目的として利用されるものなので、避妊に対しては効果はありません。

 

低用量ピルの分類

低用量ピルは、女性の月経周期に沿って、21日間服用し、7日間休薬する「28日周期」が基本となっています。そのため、21錠タイプと28錠タイプがあります。21錠タイプは1シートに21錠入っており、21錠飲み終えたら7日間服用を止めます。(この間に月経様の消退出血が起ります)。7日間の休薬期間が終わったらまた、服用を再開します。

28錠タイプは、1シートに28錠入っており、そのうち7日間分には薬の成分が入っていない偽薬となっておりますので、実質休薬期間となります。(この間に月経様の消退出血が起ります)。21錠タイプのように休薬期間を意識せず服用を続けられるので、休薬後の再開時の飲み忘れが心配な人は28錠タイプを利用する方が便利でしょう。

また、低用量ピルには、1シート内の錠剤(7日間の偽薬は除く)で、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の配合量が一定の「一相性ピル」と、1シート内のエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の配合量が月経周期に沿って2段階、3段階調整している「二相性ピル」・「三相性ピル」に分類されます。

「一相性ピル」よりも「二相性ピル」・「三相性ピル」のほうが総ホルモン量が少なくてすみますが、決められた順序通り飲まなくてはいけません。その点一相性ピルは順番は気にしなくていいので飲み間違いが少なくなるというメリットはあります。

適切に服用していれば、避妊効果に違いは、ほとんどありませんので、自身のわかりやすい方を選ぶと良いでしょう。