低用量ピルの通販について

日本でも徐々に利用者が増えている低用量ピル。日本では処方せんの必要な医薬品に指定されているため、産婦人科などに通院し処方してもらうのが一般的ですが、最近は、インターネットを通して個人輸入代行サイトで手軽に海外版の低用量ピルを通販できるようになりました。

海外版の低用量ピルといっても、パッケージが違う程度で、日本で販売されているものと成分は一切変わりありませんので安心して服用することができます。

また、通販で購入する場合、産婦人科などより安く購入できる場合が多く、通院の必要もないため診察料も掛かりません。低用量ピルは長期的に使用する人も多いため、通院の手間やコストを考え、通販で購入する方が増えています。

ただし、通販で購入する場合、ニセモノや類似品を販売する業者もいますので注意が必要です。楽天やAmazon、Yahooなどの大手ショッピングモールであっても、結局のところ個人業者が多く出店しているため安全とは言えません。

そのため、低用量ピルを通販する場合には、海外医薬品専門の実績ある大手サイトで購入することお薦めします。その方が価格面でも安くなっている場合も多く品質面でも安心です。

海外医薬品専門の大手サイトには、「オオサカ堂」、「アイドラッグマート」、「BESTケンコー」などが挙げられますが、どのサイトも実績のある医薬品の大手通販サイトですが、一番お得な通販サイトは「オオサカ堂」です。

海外医薬品の大手サプライヤー(卸業者)として、医療機関からも注文を受付けており、品質面はもちろん、価格面においても卸業者の強みを生かし、常に最安値級で販売されています。品揃えも豊富で、日本でもよく処方されるトリキュラーやマーベロンをはじめ、ジェネリック医薬品などの多数の低用量ピルを取扱っています。

 

ピルの普及状況

ピルというと、日本ではあまりなじみのないイメージがあると思いますが、世界的にみると、欧米諸国の女性を中心に広く普及している避妊効果の非常に高いポピュラーな避妊方法です。低用量ピルの避妊率は、コンドームよりも遥かに高く、妊娠・月経をコントロールできることが広く普及した要因と言えます。

日本でも、1999年に低用量ピルが認可されて以降、最近では、生活スタイルや考え方の変化に伴い、低用量ピルを利用する女性が増えてきました。また、既婚女性においても、計画的な家族設計を考え低用量ピルを服用している方は多いようです。

 

低用量ピルの安全性

ピルと聞くと「副作用が強い」というイメージを持つ方がいるかと思いますが、それは40年以上前の高用量、中用量ピルを使っていた時の話で、そのころは副作用として、めまいや頭痛、血栓症などの副作用が出る場合があったようですが、現在の低用量ピルでは、ホルモン量は10分の1に抑えられていますので副作用リスクは低く、むしろ、女性ホルモンのバランスを整える効果があるため、生理不順の改善や肌トラブルの解消などにも役立ちます。ニキビ治療に低用量ピルが用いられることもあるなど、本来の避妊目的以外でも利用される場面も多くなりました。

そのため、低用量ピルは、安全に確実に避妊できることに加え、肌トラブルの解消や生理不順の改善といった要因も加わり、多くの女性に支持されるようになりました。

ただし、ごくまれに、体質的に合わない場合もあり、血栓症を悪化させたり、誘発する可能性があります。血栓症とは、血液の固まりにより血管が詰まる症状で、手足のシビレ、頭痛、急な視力低下といった症状が前触れとしてあらわれますので、万一、そのような症状があらわれた場合は、使用を中止し、医師に診察してもらうようにしましょう。

トリキュラーマーベロン


 

女性為のスキンケア情報

最近話題の美白成分といえばハイドロキノン。美白効果が非常に高く美容通の間でも人気の成分です。最近は通販でも手軽に購入できるようになり愛用者増加中です。そのハイドロキノンをお得に通販するには海外通販を利用するとかなりお得に購入できますよ。

ピルは、通常避妊を目的として用いられる経口避妊薬ですが、女性ホルモンの働きをコントロールするという働きを生かし、ニキビ治療のためにピルが使用される場合もあります。

ニキビは、ストレスや食生活、過労などによりホルモンバランスが崩れてしまうことが原因となり、ニキビが発生してしまう場合があります。そういった場合には、女性ホルモンをコントロールする働きがあるピルが有効とされています。

実際にニキビ治療に用いられるピルは、エストロゲン量を50μg未満以下に抑えられた低用量ピルがピルが使用され、エストロゲンの量が多い、高用量ピルや中用量ピルが使用されることはありません。

また、低用量ピルには、「一相性」「二相性」「三相性」という分類がされており、1サイクル分の錠剤に全て同じ量の女性ホルモンが配合されている「一相性ピル」と、女性ホルモン量を1サイクル内で2階段、3階段と調整している「二相性ピル」、「三相性ピル」があります。

ニキビ治療を目的として行う場合、すべての錠剤に同じ量の女性ホルモンが配合された「一相性ピル」が用いられる場合が多く、低用量ピルの商品名としては、「マーベロン」「ヤーズ」などにあたります。

ニキビ治療における低用量ピルの使用期間の目安として、服用後およそ1~3ヵ月程度でホルモンバランスが安定してきてニキビに対して効果が出てくると予想されます。その後ニキビが落ち着いてきたら、低用量ピルの使用を中止しても大丈夫です。

低用量ピルは主に婦人科や皮膚科などで処方してもらえますが、医師によっては、ニキビ治療における低用量ピルの使用に否定的な見解を持ち、処方してもらえない場合もあります。

さらに、低用量ピルは処方せんの必要な医薬品であるため、市販の医薬品のようにドラッグストアなどで購入することもできません。

しかし、インターネットで海外から個人輸入代行を利用して通販することができます。専門のサイトも多数存在します。安心して利用するためには、実績のある海外医薬品専門の大手サイトを利用するようにしましょう。

おススメは、長年の実績があり、医療機関からも注文を受付けている海外医薬品専門の大手通販サイトである「オオサカ堂」がおススメです。品質面・価格面ともにこだわっておりますので、安心・格安で低用量ピルが通販できるサイトです。

 

海外医薬品通販で人気の商品

低用量ピルが海外医薬品の通販で購入できるとご紹介をしましたが、その中でも人気の商品ついてご紹介します。

低用量ピルも人気なのですが、一番の人気といっていいのはプロペシアです。プロペシアとは男性用の育毛治療薬で日本では通常病院などで処方してもらいますが、海外通販を利用すれば低用量ピル同様に通販でも購入することができます。彼氏や旦那さんが頭皮のことが気になっているようでしたらそれとなーく教えてあげてくださいね!

ただしプロペシアは、女性の使用はもちろんのこと皮膚吸収の可能性もあるため触れることも禁止されていますので、彼氏や旦那さんが使用している場合には十分注意してくださいね。

 

 

ピルの分類

ピルとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンを含んだ錠剤で、エストロゲンの配合量により「高用量ピル」・「中用量ピル」・「低用量ピル」の3つに大きく分類されます。

このエストロゲンの配合量により副作用リスクが高まりますので、現代では、避妊目的で服用されるピルはエストロゲンの配合量が50μg未満に抑えられた副作用リスクの低い「低用量ピル」が一般的に使用されます。
そのため、「ピル」というと、「低用量ピル」のことを指すことが主流となっています。

ただし、ピルを平常時から服用していない場合で、緊急に避妊が必要となった場合は、アフターピルといって、エストロゲンの配合量の多い中用量ピルが使用されます。ただしその分、副作用リスクは高まります。

また、最近は、低用量ピルよりもさらにエストロゲンの配合量が少ない「超低用量ピル」というのも発売されております。ただしこれは、ニキビ治療など美容を目的として利用されるものなので、避妊に対しては効果はありません。

 

低用量ピルの分類

低用量ピルは、女性の月経周期に沿って、21日間服用し、7日間休薬する「28日周期」が基本となっています。そのため、21錠タイプと28錠タイプがあります。21錠タイプは1シートに21錠入っており、21錠飲み終えたら7日間服用を止めます。(この間に月経様の消退出血が起ります)。7日間の休薬期間が終わったらまた、服用を再開します。

28錠タイプは、1シートに28錠入っており、そのうち7日間分には薬の成分が入っていない偽薬となっておりますので、実質休薬期間となります。(この間に月経様の消退出血が起ります)。21錠タイプのように休薬期間を意識せず服用を続けられるので、休薬後の再開時の飲み忘れが心配な人は28錠タイプを利用する方が便利でしょう。

また、低用量ピルには、1シート内の錠剤(7日間の偽薬は除く)で、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の配合量が一定の「一相性ピル」と、1シート内のエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の配合量が月経周期に沿って2段階、3段階調整している「二相性ピル」・「三相性ピル」に分類されます。

「一相性ピル」よりも「二相性ピル」・「三相性ピル」のほうが総ホルモン量が少なくてすみますが、決められた順序通り飲まなくてはいけません。その点一相性ピルは順番は気にしなくていいので飲み間違いが少なくなるというメリットはあります。

適切に服用していれば、避妊効果に違いは、ほとんどありませんので、自身のわかりやすい方を選ぶと良いでしょう。